NからNへ

婚外恋愛 でも私の方が彼を好き

約束

今日も静か。
スマホ、まったく鳴りません。
既読にもなっていないし…
止まったまま。

休みだから仕方ないかな。


会えないんだからせめて連絡くらい密に取っておきたいと思うけれど、それは単に私のわがまま。
ここでもう一回私から何かを送ると、思い出した様に彼から返信がきます。
よくあるパターン。
内容は大体、忙しくてごめんって感じ。


進めない、ずっと同じところにいる。
連絡を待つだけ。


去年は12月が終わる頃、いつぶりかにバタバタしながらやっと会えたんだった。


またいつものようにとんぼ返りかなって思って会いに行ったのに、


今日、何時まで大丈夫?


そう聞かれて、あなたに合わせられるよって答えたら、イルミネーションに連れて行ってくれました。
あの駅のではなく、彼の住む町のイルミネーション。


いいの?大丈夫なの?平気?って彼に何度も聞いちゃってた。


すっごく寒くて凍えながら歩いて何往復もして、手つなぎは彼のダウンのポケットの中。
空気がとても冷たかったから、光がよく映えてキラキラでした。


お前ほんと嬉しそうだよな?っていう彼も嬉しそうで、楽しい時間でした。


来年も来れるといいねって控えめに言ったら、来年も来るでいいんだよって言ってくれた。


覚えてるかな?
覚えてないよね?きっと。
こういうところって絶対忘れないのにね、私なら。