NからNへ

婚外恋愛 でも私の方が彼を好き

会いに行こうと思った結果

早々に有給休暇を彼は取ってくれました。
返事するまで待ってと伝えてあったのに。
どうしようどうしようって悩んで、やっぱり有給は無理ということにして夜会いに行こうって考えて、でも本当はそれも悩んで。
そしたら、先走ってしまっていました。


別に無理なら無理でいいよってあっけらかんとして言う。


私は簡単じゃないのに。
有給の話なんてしなければよかった。
何を悩んで憂鬱になっているのか、自分でもあほらしく思えてくる。
考えれば考えるほど、面倒くささは膨らむだけ。
彼に会いたかったんじゃなかったのかな、私は。


でも会えば絶対嬉しいはず。
楽しくて幸せなはず。
それは分かっています。
だから余計な事は考えずに、段取りをちゃんとして会いに行けばいいのにね。


長時間会えるのは、4月以来。
桜見たよね、確か。


そんな思いにふけっていたのに、彼、有給取り消しになりました。
外せない仕事で、取り消されしまったとの事。


ほっとしてる反面、本当のこと?って疑いだすまためんどくさい私。
でもほんとにほんとらしく、とても落ち込んでいました。
それは間違っても私に会えなくなったからではなく、大変な仕事をふられてしまったことが原因らしいです。


私が会いに行こうと思った気持ちはもうどうでもよくなって、いつのまにか、夜だったら会えるよと言っていた話も消えてしまいました。
仕事のことで頭が一杯になってしまった様子。



そうなるとだめなんですね、私。


会いたいのか会いたくないのか散々悩んでいたくせに、結局会えないとなると、ぐちぐち…言いたくなるのを我慢しました。


また仕切り直しね。
そう返すことで終わりました。


会えないんですよね、どうしても。
どうしてでしょうか?


直近でないと、はっきり会える日を言えない彼。
早めに予定して、段取りをちゃんと組まないと会いに行けない私。


私が無理してでも彼に合わせないとダメなのかな?
でもね、そうすると絶対にまためんどくさい私が出てくる。


私ばっかり無理してる。
私ばかり大変な思いしてる。
私だけが必死になって、一生懸命で。
私はあなたの何?って言い出す始末。


そして、揉める…


無理はしちゃいけない、やっぱり。